ゴルフ狂の毎日 | TitleistとScottyCameron、ときどきVOKEY

身の程知らずな三十路ゴルファーがTitleistとScottyCameron、VOKEYに狂う毎日を生暖かく見守ってもらうために書くブログ。

早くも入会から4ヶ月が過ぎました…。
途中経過も全く書いておらず、全国10名弱の当ブログファンの皆さま、失礼いたしました。

さて、4ヶ月が経過して、どのようなトレーニングを行なっているか、
どのような変化があったかをお伝えいたします。

まずは、トレーニング内容。
12月中旬までの3ヶ月、まるっとウェイトでした。
仕事が忙しくなってきたのもあり、週2回を1回に減らしています。

当初は
[ウェイト無し5回]→[ウェイト有り13回]→[さらに重たく10回]
だったのが、
[ウェイト無し5回]→[ウェイト有り18回]→[ウェイトさらに重たく13回]→[重たいままさらに10回]
の3セットに変化。

 やはりキツいですが、回を重ねるごとに筋肉痛の度合いは軽減。
足で斜め上に蹴り上げるやつは、45ポンドを片側4枚までいけるようになりました。

で、ウェイト3ヶ月の結果
・ウェストはフラットになりました。ベルト穴でいうと3つ〜4つ減。 
 ただ、まだ座るとぷよっとしているので、凹むという表現までは達していない感じ。

・胸が少し出来ました。
 自慢できるほどではないですが、薄っぺらい胸でも、ぷよっとした胸でもなく
 少し盛り上がってきたかなー、くらい。触ると硬いな、というのは感じます。

・顔周りが異常なまでにシュッとしました。
 これは誰に会っても言われます。顔が小さくなった(ように見える)のと、
 首から肩にかけての筋肉もトレーニングしたので、いわゆる裾野が広がるような
 首周りに少し近づいたような感じでしょうか。 


そして12月下旬から1月現在、トレッドミルをやっています。
40分ほどですが、足を後ろに巻かず積極的に前へ出す、という走り方です。

↓こんな感じ。この方フォーム相当キレイです。


言葉では難しいですが、
・足を巻く→膝を支点にスネ〜つま先で走る感じ
・前へ出す→腿上げをしながら、かかと着地して地面を蹴っていく感じ
というニュアンスが近いかも。

傾斜がどんどん上がるので、足を前に出そうとしても
結構置いて行かれるくらいピッチが上がります。
一度、酸欠で倒れかけたほどハードなトレーニングです(笑)

加えて、上半身を固定して下半身を稼働させるために
十字の線が入ったプレートの上に立ち、両足で線を前後にまたぐ、左右にまたぐという
トレーニングも。30秒で30往復が目標ですが、現状29回まで。
意外と簡単かな、と思いましたが最初は足がもつれます。


で、結果。
トレッドミルを始めてから更に体重減。
走るというより腹筋〜お尻の筋肉を使っているような感じなので、
腹部の筋肉痛もあります。

現在、トレーニングスタート時から6kg減。
正直、夏までに体重が落ちればいいかなー程度で始めたジム通いですが、
最近は腹筋を割りたいとか、胸を出したいとか、割と現実的に見えてきたので
少しづつ欲が出てきております(笑)

偶然ラウンドをご一緒した方が、なんとまぁ県アマ2位…
どうも使用しているギア類も縛りがあるらしく。

「メーカーから宣伝しといてって言われたからさー、使ってみてよ!」
とHEX BLACK TOURボールをいただきました。

コースの予定が残念ながら無いので、とりあえずパターだけでも…
 
写真

最近増えてきた5ピースボール。
いわゆる「飛んで止まる」ってやつですかね。

早速、職場のカーペットでゴロゴロ…。
使用したパターはキャメロンのスタジオセレクトNP2です。

最初の感想「硬っ!」
いつも使用しているProV1が「くにゃっ」というインパクトに対し、このボールは「ゴツッ」という感じ。
他メーカーのボールを使っても割と柔らかいインパクトなので、かなり硬い部類じゃないかと思います。

ドライバーで打つと、しっかり手にインパクトを感じるんでしょうね。
キーン、というよりガキーン!みたいな。


ただ、転がりは何だか良い感じ。
あー、ショートしたなーなんて思っても、割とカップ周りまで行ってくれる。
あれ?そこまで行ってくれたの?みたいな。

石川遼くんもキャロウェイ移籍のようですし、ミーハーな私としてはボールからはじめてみますかね…。
次回のラウンドで実戦投入してみます。



US並行なら価格もこなれてますね。一個あたり300円ならトライしやすい価格。
楽天最安値です。

長年悩まされたプッシュアウト…
最近は「隣のホールめがけて打ってみたら〜?」なんて嫌味まで言われて何度泣きそうになったことか…。

このままじゃボールも買えん!
ホントはProV1使いたいのに、いつまでもDT Solo(イエロー)しか使えん!
と悩んでおりました。

そこで出会った、一人のプロゴルファー…。
偶然の出会いを信じて、体験レッスンしてもらいました。

私の悪いクセは
・打つときに体の回転が止まる
・だからインサイドから強烈にクラブが入る
・フォロースルーで飛球線方向にクラブを出す、を考えすぎ
の3つ。

そこで、雑誌なんかで見るスイングプレーンを体感する機器
↓こんなの。画像勝手に拝借してすいません
img20100422
これを体験。

ここですでに目からウロコ…
「あれ、こんなにインサイドにクラブって引くんでしたっけ?」

これを意識しながら、Dw→5I→7Iと練習。
すると、途中で肩が「スッ」と回る瞬間が!

シミュレーターで見てみると、かる~いフェード。
もう少し捕まえに行けばストレートに。

うおー!長年の悩み、ここに解決!
興奮して、翌日打ちっぱなしへ行ってみました。

そこで更に気づいたこと、それは
・ダウンスイングで手を意識しすぎ
・パワーで持って行こうとしすぎ
の2つ。

肩の力を抜け!と言われていた意味がようやく理解でき、
クラブを振るのではなく振られる感じになりました。


個人的な感覚として、矯正後のスイングはアウトサイドインになっている感じ。
とは言えクラブをアウトに上げるというよりも、ダウンスイングで体を回しているから今までのスイングに比べて外から入りすぎている感じになります。
だけど、ムービーを取ってみると「おぅ…これは美しいプレーン!」となります。


その後、芥屋ゴルフ倶楽部でラッキーにもクラチャンご経験者と同伴させていただきましたが、何発かオーバードライブできました。ワッショイワッショイ。

結論。
プッシュアウトが怖いなら、もっと肩を回してゾーンでインパクトしろ!

さ、今からアプローチとパットを何とかせねば…。

このページのトップヘ