ゴルフ狂の毎日 | TitleistとScottyCameron、ときどきVOKEY

身の程知らずな三十路ゴルファーがTitleistとScottyCameron、VOKEYに狂う毎日を生暖かく見守ってもらうために書くブログ。

2012年09月

この3連休、予定がぽっかり空いた一日があったので、
「はてさて、今の自分のスイングとクラブって、合ってるのかしら」という悩みを解決すべく
とあるゴルフ工房へおじゃましようと思い、電話予約を入れました。

Webを見る限り、「フィッティングの重要性」と「最適なクラブをチョイス」と書いてあったので、
てっきりスイングを見てもらって、ヘッドやシャフトを提案してもらえるのかな、と思って電話したところ
・買う気がない人は来なくてよし
・だって無料でやってるから
・買う気になったらまた電話してね
という感じだったので、そっと電話を切って 「それならそう書いとけや」とつぶやいた次第です。


そこで、じゃあ身近なところでクラブスペックだけでも見ておくかぁーと思い
ゴルフ5へ。正直ゴリっと営業されるので好きではないのですが、ロフトやライ角の調整なら
有料なので、お金払っているぶん気が楽かな、と。


到着してスペック見てもらうと、ほぼほぼ表示ロフト通り。
ライがPW63度、そこから0.5度でフローしている感じ。
 

というわけで、ちぇ、あんまりおもしろく無かったなーと思っていたところ、
5,000円払えばクラブの総合的な診断をしてくれるとの事。
どうせレッスン行けば払うんだし、やってみよう!と思って申し込みしてみました。


まずはドライバー。
私は極端なインアウト癖が出る時があり、やはりそれを指摘される。
そして調子が悪い時に連発する右プッシュは、若干振り遅れ気味が原因との事。
てっきりシャフトを変えるのかとおもいきや、ヘッドのウェイトを標準の7g→2gに変更したところ
つかまりが改善!プッシュorチーピンがドローへ変化。
これは嬉しい誤算!と感動しきり。


次にフェアウェイウッド。
球が上がり切らないのが悩みと伝えたところ、こちらはシャフトの相性との事。
ドライバーとアイアンは元調子でいいが、3Wのようにロフトが少ないクラブは
先調子か手元が硬いシャフトで上げやすくしたほうがいい、との事。

提案があったシャフトは
・ATTAS T2 6S
・TourAD DJ 7S
の2つ。

DJはいつも引っ掛けるイメージがあって、意識すればするほど右プッシュ。
素直に振れば、やっぱり引っ掛けに。
意外だったのはATTASの6Sがめちゃくちゃいい!
先が走るからなのか、シミュレータでは(甘めでしょうけど)250Yは出てました。
なおかつ球の集まりがほぼ一箇所に。これはリシャフト要検討だな、と。


そしてアイアン。
これも私の悪いクセで、無意識のうちにボールポジションを左に寄せてしまい、
突っ込みがちなスイングになっている箇所を指摘される。
クラブ自体は問題無し。よかったよかった。


最後にウェッジ。
70-50-30Yを3球ずつ打つのですが、ここでも苦手意識が顕著に数字に…
70Yであればフェースちょい開きでフルショット、30Yであればノーコックのスイングで、と自信が
あるものの、中途半端な50Yはいつもこぼしています。今回の計測でも一番バラついていたのが
50Yでした。

距離を合わせに行こうとしてダウンブローになったり、逆に大きなスイングですくい打ちしたり。
うぅ…耳が痛い…と思って聞いていたところ、解決策はバンスを増やせ、と。
今使っているSWはバンス8度ですが、12度くらいまで増やしてみたら、と言われました。

確かにバンカー苦手だしな…ローバンスってカッコイイ!だけで使ってきたしな…と
反省しながら、最後は見積へ。

ATTAS T2のついた910F15°が3万ちょい。
VOKEY SM4の58°、KBSで1.3万。


しかも、今回の診断で払った5,000円は3ヶ月以内にクラブを買えば
丸っと値引きしてくれるらしい…これはアツい。
VOKEYが8,000円で買えるのか…と悩みながら帰路につきました。


大型のゴルフショップに対するイメージって人それぞれだと思います。
私も今回の診断まではイマイチ信頼しきっていなかったのも事実です。
※事実、他のゴルフ5でめちゃくちゃ乱暴なリシャフト提案を受けたので

ただ、楽天最安値より安い価格でウェッジが買えたり、
事実上、診断料無料になったりするので、
打ちっぱなしを2~3回我慢した、と思って診断を受けてみることをオススメしますのです。



910ですっぽ抜けな方にはオススメ。メール便送料込みで700円ですよ。


T2シャフトだけで2万切ってる!


KBSならこちらよりゴルフ5のほうが安いようです。14000円ちょい。


DGな方には楽天をオススメ。1万ちょっとですね。

こんなブログを書くくらいなので、日課といえばヤフオクウォッチです。
オススメのアイテムにパターしか出ない日はちょっとやりすぎ感があるかな、と思いますが
そんな中、ふと気になった商品が。

ID等は特定して書きませんが、何となく気になる。

●アヤシいニューポート2(フェイス面)
ayashii1
 あ、あれ?赤ドットってこんなに離れてましたっけ?


●モノホンのニューポート2 (フェイス面) 
※画像はTitleist.co.jpから
honmono1
うん…確かにこうだ。手元のNP2もそうなってる。


●アヤシいニューポート2 (バックフェイス面) 
ayashii2
ウェイト部分のカタチがNP1.5と酷似…


●モノホンのニューポート2 (バックフェイス面) 
honmono2
 そ、そうだよね。NP2ってここまっすぐですよね。
 

今見る限り、19,000円の入札が入っていて、こりゃカワイソウだ…
ヘッドカバーもバッタモノにありがちな、カタチが丸っこいというかエッジが出てないカタチだし、
恐らくそういう事なんだろうな、と予想しています。
※実際アウトレット商品、って記載してるし。なんだよアウトレットって(笑) 


と言いつつ、パチもんのヘッドカバーを見ながら「ヘッドカバーくらいなら…」と
悪魔のささやきが聞こえてくるのであった。

会社勤めを辞め、自営業になってから3年。
お取引先の数と共に増え続けたもの…それは体重。

独立前より5Kgプラス。
もっというと会社勤めの時に既に5Kgプラス。

今まですんなり入っていたゴルフ用スラックスがギチギチ、
昔サイズ大きめで買ったパンツがピッタリ。
これはヤバいという事で、一念発起ジムへ通うことを決意。


とは言え、今までトレーニング的な事をした経験なし。
ワンコインで行けるから…と誘われたジムでは何をしていいか分からず10分で帰るという体たらくぶり。
そこで、知人に色々と情報収集をしてみたところ、有料ではありますが「パーソナルトレーナー」をつけて
トレーニングをする、というスタイルのトータルワークアウトが琴線に触れたわけです。


まずは電話で予約。
パーソナルトレーナー体験をしたい旨伝えたところ、前後にストレッチやマッサージを行う
「トリートメント」というオプションもあるよ、と言われ、よく分からないままひと通り経験したかったのでやります、と。

当日はウェアとシューズを持って行ってきました。
真っ白の壁に広いスペース。
清潔感というか、薄ら汚れた感が一切無いのは個人的に◎。


最初に現在の体重や体脂肪を測り、トレーナーから「どんな身体になりたいですか?」と質問。
お腹さえへっこめば後は何とか…とか言いつつ、まずはトリートメントと呼ばれるストレッチ。

このストレッチ、いわゆるマッサージ店で行うような感じ+スポーツっぽい要素なのですが、
えらい気持ちがいい。
個人的に薄暗いアジアンなベッドでマッサージされるのも店が用意した服に着替えるのも嫌いなので、
明るい空間で身体をギリギリと伸ばされるのがこんなに気持ちいいとは思いませんでした。


続いてトレーニングへ。
理屈としては、体重を減らす前に筋力をつける。
脂肪より筋肉のほうが重たいので、体重に変化は無いけど身体は締まるとの事。
身体の大きな筋肉を動かすことで、早く筋肉の量が増えるという事らしい。

足でおもりをガチャーン、と伸ばしたり
寝っ転がってバーベルをうりゃー、と上げたり
吊ってあるレバーをふんっ、と下げたり
ダンベルをでりゃっ、と動かしたり。
これらをおもり無しで5回、軽めのおもりで13回、ギリギリの重さで10回の1セット。

ところどころでトレーナーが「ナイスフォーム!」「きてますきてます!」「かかとにもっと感じて!」とか
言ってくるのですが、これが意外と隠れたナルシズムを引き出してくれます(笑)

ただ、ところどころ感じたのは体重のかけかた、身体の動かし方というのが
ゴルフのスイングに似てる感じ。
背筋を伸ばしてスエーしない、とか、体重移動は親指拇指球まで、とか
猫背じゃなくて腰から曲げる、とか。
実際にストレッチでも「ゴルフされてるから、肩甲骨だけは柔らかいですねー」と言われました。
※他は話にならなかったようです


約1時間半程度のトレーニングですが、
終わりがけには腕が上がらないんじゃないか…というくらいハード。 
実際に何度かバーベルを離しかけましたが、トレーナーが補助してくれるものの
諦めさせてはくれません。必ず決めた数を上げ下げします。
こういうのもメンタル強化の一部かな…とか感じたり。


ひと通りトレーニングが終わって、バイオハザードのゾンビみたく腕ダラーン状態でロビーへ。
トレーナーがすすめるプロテインをチューチュー飲みながら、落ち着いたところでトリートメントへ。


あぁ、終わって汗かいたままの身体を触られるのイヤだなー、とか思いつつ
いざベッドに寝っ転がってみると、アイシングからはじまりマッサージ、ストレッチの15分。
正直どこのマッサージよりも気持ちいい!
何ならトリートメントだけしてほしい!
そんな感じでした。


最後にお風呂で汗を流し(これも結構キレイ)、会計へ。
そのまま会員申し込みをしたものの、腕が動かずミミズが這ったような入会書になりました…。

現在ラウンドで使用しているFootjoyのグローブ3種を私なりに比較してみました。
 
CIMG0486

上中:PURETOUCH
下右:SCIFLEX
下左:NANOLOCK TOUR

てのひら側はこんな感じ。

CIMG0487

※PURETOUCHだけ汚れててスンマセン


●デザイン
PURE TOUCH>NANOLOCK TOUR>SCIFLEX

やはりピュアタッチは手にはめているとツアー選手になった気(この気が大事)に。
ナノロックツアーはシンプルなのがいいですね。
サイフレックスの甲側デザインは好みが分かれそうな…個人的にはあまり好きではありません。


●グリップ感
SCIFLEX>PURE TOUCH>NANOLOCK TOUR

これが意外で、サイフレックスは手のひらと人差し指が本革、それ意外は合皮。
しっとり感といい、小雨ぐらいならグリップ力も落ちないのが素敵です。
雨の日はどうやってもナノロックですね。全く滑りません。
ピュアタッチはおろしたてが最高なんですが…ある程度使うとズルズルに滑ってしまってガッカリ。
もしかするとグリップ圧が強すぎるのかもしれません。。。


●コストパフォーマンス
NANOLOCK TOUR>SCIFLEX>PURE TOUCH

ナノロックの頑丈さというかくたびれなさは異常なまでに高く、練習用のグローブとしてもオススメ。
手のひらが真っ黒になりますが、洗濯できるしやぶれ・伸びもほとんど無いように感じます。
サイフレックスとピュアタッチはケチってラウンドでしか使用しませんが、耐久性はサイフレックスに軍配かな…。


●総合的に
NANOLOCK TOUR≧SCIFLEX>PURE TOUCH

本革にこだわる方は異なる結果かと思いますが、練習もラウンドもガンガン使えて洗えるし、
甲側のデザインがシンプルなナノロックは個人的にお気に入りです。
練習用に買ったら2~3ヶ月は余裕で持ちます。
月イチのラウンドで、練習もそんなに…な方はサイフレックスでもいいのかもしれませんね。
ピュアタッチは…期待が高すぎた(苦笑)


実はまだスティソフを使ってないので、次の買い足し時期には買ってみてレビューしようかと思っとります。

↓私はネットでまとめて購入派。最安値狙いです。

6枚までメール便200円でOK。2,100円と最安値。


こちらも6枚までメール便OK。1,500円で本革はオトクです。


個人的に超オススメ。耐久性を求める方にはこちら。金額も1,300円台と良い感じ。

9月時点である程度クラブが揃ってきたのでブログはじめました。

現在のセッティングは
 CIMG0483
1W:910D3 9.5 Aldila rip alpha 60 Stiff
3W:910F 15 Aldila rip alpha 70 Stiff
5W: 910F 19 Aldila rip alpha 70 Stiff 
3U:909H 21 NS.PRO950 Stiff
4-P:710CB KBS TOUR Stiff
52:VOKEY Spinmilled 2009 DG S200
58:VOKEY Spinmilled 2009 DG S200
PT:Scotty Cameron Del Mar Buttonback 34

Glove:Footjoy Puretouch+sciflex+NANOLock Tour
Shoes:Footjoy Icon 52146
Ball:Titleist DT Solo Yellow

…こうやって見ると、よく今までヨメは文句言わなかったなぁと関心します…。

このページのトップヘ