ゴルフ狂の毎日 | TitleistとScottyCameron、ときどきVOKEY

身の程知らずな三十路ゴルファーがTitleistとScottyCameron、VOKEYに狂う毎日を生暖かく見守ってもらうために書くブログ。

カテゴリ : ゴルフギア

私も愛用中のDynamic Goldに新シャフト誕生の模様。
その名も「Dynamic Gold DG Pro」。

詳細は英語しか出てないので何とも…ですが、ビジュアルはこんな感じ。
post-123025-0-92296100-1360108746_thumb
35a

弾道イメージはかろうじて見つけました。
2-L
ショートアイアンは風に負けない低弾道。ロングアイアンはアマチュアでも上げやすく…みたいなコンセプトでしょうかね。

DG使いの方は定番のシャフトが慣れていて、変に変えたくない!という方が多いような気がしますが…重量含めてDGとNSの間がアツくなってくるのかも?



TourIssueのほうが個人的にはカッコイイ。


ウェッジだけならデザインチューニングもアリかな…。

タイトリスト狂なら応援しないわけにはいかんだろう…というアダム・スコット!
イケメンでサーフィンもプロ並…なんて羨ましい人生…
20130713084623
一時期、勝手なあこがれだけで長尺使っていたのは誰だ、はい私です。

そんなアダム・スコットが愛用している913Dに使われているシャフト、カラーリングからしてEVなのかなーなんて思ってましたが、なんと特注コスメのDIだそうです。

そのTourAD DI黒バージョンが何と限定発売!
44a
カッコイイ…。

今のところ、取り扱いが一番早いのはフェアウェイゴルフさんのようです。
TourAD DI黒のページ

DI使っているタイトリスト狂の方はいいんじゃないでしょうか?
ただ、スリーブ付きが3万切っているのに、あえて選ぶのは物好きでしょうね…。私みたいな。

このところ、マイクラブを見てもらっている工房の方から「ATTASいいよ!」と言われておりまして、打ってもないのにいいか悪いかはワカランだろう…ということで、試打してきました。

とりあえず打ち比べたのは
・ATTAS3 6S × Titleist 913D2(10.5)
・ATTAS4u 6s × Titleist 913D2(10.5) 
※本当はD3の9.5で試打したかったんだけど…

まずは黄色のサンジョウ。

革靴だったので軽めのスイング。HS46くらいで振り抜いたらキャリー250Yのナイスショット。
動きも癖が無くていい感じ。グニャらないし、ハードでもない。
ロフトのせいで若干打ち出し角が高め。

続いて緑のフォーユー。

これ、驚きの全くダメ。初めてこんなに合わないシャフト体験した。
同じくHS46くらいで振ったら先がグニャー!ほぼ引っ掛け。
もしかすると、一発のバカっ飛びはあるかもしれないけど、こりゃ使えん。

今使っているシャフトがAldila RIPα。トルク少なめのガチガチシャフトで
叩けば叩くほど飛ぶフィーリングなので、正直シャフトが変に仕事すると合わないという事が判明。

もしかするとT2や初代ATTASがマッチしたりして…。 

最近どうもロングアイアンの調子が悪い…
せいぜい打てて5Iまで。
ここ数回、フルバックから回らせてもらう機会が増えて、Par3が200Y前後というロケーションが多々あります。

せめてボギーで上がりたいのに、捕まえに行くと左にチーピン。
軽めに打つと右プッシュでサヨウナリ〜なボールが多いため、ロングアイアンイージー化作戦を決行。

まずは913Hを物色するも、日本モデルってシャフトがNSPROかDGの2択。
正直、アイアンにDG入れてる人にハイブリッドもDGってオーバースペックじゃないすかね?

写真はDGSLになってますが、商品はDGの模様。


かと言って、USモデルのシャフトってTitleist用OEMだし…
好みの問題だと思うんですが、どうも信用できないんですよね、OEMシャフト…。

で、カチャカチャの特性を利用して、SFT付きシャフトを購入しようとしても
どうやら913のパーツってまだ潤沢に出回ってないのか、欲しいシャフトのSFT付きが売ってない…。

で、いつもクラブを見てもらっている工房の方に電話して、情報収集…。
そこで買いもしないのに(笑)


すると、ヘッドがデカいハイブリッドはシャフトの問題が残るものの、
中空アイアンタイプならDGで行けるんじゃない?という話に。

そういや最近ご一緒したシングルさんもプロもミズノの中空使ってたな…。
そう思ったら善は急げ!ヨメさんへのプレゼンから(そこかよ)。

直近ベスグロ更新したこともあり、いいんじゃな〜い?と決裁が!
そそくさとPCに向かい、楽天をウロウロするワタシ。

まだ試打したこともないけど、キャディバッグの見た目が良いままの
クラブはこれだ!アダム・スコット!というわけで、712uをオーダーすることに。


調べてみたけど日本モデルのDGS200が刺さったモデルも即納は出来ない模様。
そこで、どうせ待つなら…


今回は奮発してTourIssue!
ダメだったらヤフオク行きでどうだ! 

残念なのは納期が何と8月下旬!この2ヶ月は押入れの奥にしまい込んでいた909Hをリシャフトして頑張ろうと思います…。 

さぁ全国のタイトリスト狂が熱狂する時がやってきましたよ。
待望の714シリーズがお披露目です!

 まずはAP1とAP2。
ap1ap2
先代712のデザインを踏襲しつつ、AP1はかなりイージーな感じに仕上がっている模様。
FORGEDだけどイージーに!なAP2も個人的にはGoodDesignじゃないでしょうか。


そして個人的な本命!MBとCBは…
mbcb
ぐっ…Bから伸びるラインが正直ダサい…!
ヘッドデザインの大枠はほとんど変わってないですね。今回もサテン仕上げのようです。
710MB使いの私としては買い換えるか、と言われるとNOですな…。

Titleist自体も「ツアー選手から常に聞かされていることは、『このアイアンを台無しにしないでくれ』という言葉です 」と言っているくらいなので、本当マイナーチェンジで終えた程度でしょうね。


というわけで、ワタシ的ジャッジとしては
・710AP2使いはそろそろ買い替えどきでは?
・ゴルフ入門プレーヤーにAP1をオススメしたい!
というところでございます。


 
個人的にはサテン仕上げ、ちょっとうらやましい…。
そんなにアイアン買い換えないよ!という運命の出会いを済ませた方はシャフトにこだわりってのもアリかも。 

このページのトップヘ