ゴルフ狂の毎日 | TitleistとScottyCameron、ときどきVOKEY

身の程知らずな三十路ゴルファーがTitleistとScottyCameron、VOKEYに狂う毎日を生暖かく見守ってもらうために書くブログ。

カテゴリ : トレーニング

早くも入会から4ヶ月が過ぎました…。
途中経過も全く書いておらず、全国10名弱の当ブログファンの皆さま、失礼いたしました。

さて、4ヶ月が経過して、どのようなトレーニングを行なっているか、
どのような変化があったかをお伝えいたします。

まずは、トレーニング内容。
12月中旬までの3ヶ月、まるっとウェイトでした。
仕事が忙しくなってきたのもあり、週2回を1回に減らしています。

当初は
[ウェイト無し5回]→[ウェイト有り13回]→[さらに重たく10回]
だったのが、
[ウェイト無し5回]→[ウェイト有り18回]→[ウェイトさらに重たく13回]→[重たいままさらに10回]
の3セットに変化。

 やはりキツいですが、回を重ねるごとに筋肉痛の度合いは軽減。
足で斜め上に蹴り上げるやつは、45ポンドを片側4枚までいけるようになりました。

で、ウェイト3ヶ月の結果
・ウェストはフラットになりました。ベルト穴でいうと3つ〜4つ減。 
 ただ、まだ座るとぷよっとしているので、凹むという表現までは達していない感じ。

・胸が少し出来ました。
 自慢できるほどではないですが、薄っぺらい胸でも、ぷよっとした胸でもなく
 少し盛り上がってきたかなー、くらい。触ると硬いな、というのは感じます。

・顔周りが異常なまでにシュッとしました。
 これは誰に会っても言われます。顔が小さくなった(ように見える)のと、
 首から肩にかけての筋肉もトレーニングしたので、いわゆる裾野が広がるような
 首周りに少し近づいたような感じでしょうか。 


そして12月下旬から1月現在、トレッドミルをやっています。
40分ほどですが、足を後ろに巻かず積極的に前へ出す、という走り方です。

↓こんな感じ。この方フォーム相当キレイです。


言葉では難しいですが、
・足を巻く→膝を支点にスネ〜つま先で走る感じ
・前へ出す→腿上げをしながら、かかと着地して地面を蹴っていく感じ
というニュアンスが近いかも。

傾斜がどんどん上がるので、足を前に出そうとしても
結構置いて行かれるくらいピッチが上がります。
一度、酸欠で倒れかけたほどハードなトレーニングです(笑)

加えて、上半身を固定して下半身を稼働させるために
十字の線が入ったプレートの上に立ち、両足で線を前後にまたぐ、左右にまたぐという
トレーニングも。30秒で30往復が目標ですが、現状29回まで。
意外と簡単かな、と思いましたが最初は足がもつれます。


で、結果。
トレッドミルを始めてから更に体重減。
走るというより腹筋〜お尻の筋肉を使っているような感じなので、
腹部の筋肉痛もあります。

現在、トレーニングスタート時から6kg減。
正直、夏までに体重が落ちればいいかなー程度で始めたジム通いですが、
最近は腹筋を割りたいとか、胸を出したいとか、割と現実的に見えてきたので
少しづつ欲が出てきております(笑)

トータルワークアウトでよく言われる「3週間ダイエット」の
終わりが見えてきたので、とりあえず今段階わかることをレポ。

10日目と比べてみて、どうだったかを書いてみます。
→過去記事…トータルワークアウト:10日目の経過報告

【変化】
・ウエストが見事にへこむ。ベルト穴2つ。
ウエストサイズ変わらないと10日目には書いていますが、そこから割とすぐ変化がありました。
ベルト穴2つ。実際びびった。
見た目はまだまだプヨっとしていますが…。

・顔を見て「痩せた?」と言われる
久しぶりに会う友人から「あれ?痩せた?」と立て続けに言われました。
ゴルフで焼けたのもありつつ…少し締まってきたのかもですね。

・ こってりな食事が縁遠くなった
ヨメからも「ストイックに食事気をつけてるねー」と言われていますが、好き好んで気をつけているというよりも、バカみたいにきついトレーニングがこれで無駄になったら…という強迫観念のようなものです。
実際、酔っ払った時は食事を多目に摂ってしまったりします。 

・そして何より自分に自信がついた
トレーニングに行っているという事実、きつい思いをしたという記憶、確実に締まってきているカラダを目の当たりにして、俺ちゃんと頑張ってる!と自信がつきました。


来年の夏には引き締まったカラダが出来上がっていればいいな。
慌てず騒がず、頑張ります。 



↑自宅で食事を作る時の参考書。
食材の知識+レシピなので、味をアレンジしたい人はこの本が便利かも。

先週トータルワークアウトに行き始めて、週2回トレーナーをつけてのトレーニングを受けています。
そんなにすぐには変わらないだろう、と思いつつ、とりあえず10日目のレポ。



【変化】
・お腹にうっすらと腹筋の筋が!
一番驚いたのはこれ。本当にうっすらで、見せて回るほどではないですがうっすらとラインが。このまま行けばシックスパック行けるんじゃないかと期待させます。

・体幹を感じる
今まで何となくルーティンだったゴルフのアドレスをしても、体幹を感じるというか身体の中心軸が太くなった感じがします。
恐らくトレーニング中も腹筋や背中に意識を集中させられることで、気づいたら安定感が増しています。

・満腹感が早めに来る
トータルワークアウトで推奨される食事方法として、一日5~6回に分けて高タンパク・無脂肪無糖を摂るというやり方があります。
さすがに無脂肪無糖はかなりキツいので、少なめ少なめを心がけ、高タンパクなものとして鶏ササミとか胸肉を摂るよう心がけています。
この結果、割と薄味だったりジューシーすぎない食べ物を食べてもしっかり満足感があり、食べ過ぎて食後のカラダが重たい…ということが無くなりました。

・ヘッドスピードが上がった!
計測の機器によってブレはあると思いますが、今までHS45(マン振りで47)だったのが、割と無理せずスイングしても48くらいは出るようになりました。
マン振りしたら50、ってのも見えてきますね。
腕の筋力というよりは、やはり体幹のほうが影響しているようです。

ただし、トレーニング終わりに打ちっぱなしへ行くと、ヘロヘロなのでHSは42まで落ちます(笑)。下半身を締めあげた時はかなりグラつくので、アイアンもシャンク連発(苦笑)



【期待してるけどまだ変化無し】
・ウエストのサイズ
これはさすがにまだまだみたい。
でもトレーナー曰く、3週間キッチリ食事制限までやればウエストのサイズはベルトの穴4つは減るとの事。ここはお楽しみに取っておきましょう。
実際、炭水化物抜きは無理なので、お茶碗半分~1杯弱を食べています。

・体重
既にご存知かと思いますが、重量で言うと
脂肪<筋肉
なので、脂肪が減って筋量が増えると体重はキープが前提。
あまり気にせず、見た目が絞れたかどうかで判断しようと思います。



意外と早い段階で色んな効果を感じ始めました。
今まで数年かけて蓄積したものを数週間で落とそうとしてるわけですから、甘くないのは事実ですが追い込まれる事に抵抗が無いかたはオススメのトレーニングです…。



ちなみに、トータルワークアウト式3週間ダイエットは、食事8:トレーニング2という比率なので、やはり食生活の見直しが重要なようです。

↑私はこの本をヨメに渡して食事管理してもらっています。
意外と書店に無いので、興味ある方はネットでどうぞ。


神田うのさんはトレーニング中、食事を小分けにするために夜中起きて食事していたとか…
やっぱり見られるお仕事って大変なんすね。

会社勤めを辞め、自営業になってから3年。
お取引先の数と共に増え続けたもの…それは体重。

独立前より5Kgプラス。
もっというと会社勤めの時に既に5Kgプラス。

今まですんなり入っていたゴルフ用スラックスがギチギチ、
昔サイズ大きめで買ったパンツがピッタリ。
これはヤバいという事で、一念発起ジムへ通うことを決意。


とは言え、今までトレーニング的な事をした経験なし。
ワンコインで行けるから…と誘われたジムでは何をしていいか分からず10分で帰るという体たらくぶり。
そこで、知人に色々と情報収集をしてみたところ、有料ではありますが「パーソナルトレーナー」をつけて
トレーニングをする、というスタイルのトータルワークアウトが琴線に触れたわけです。


まずは電話で予約。
パーソナルトレーナー体験をしたい旨伝えたところ、前後にストレッチやマッサージを行う
「トリートメント」というオプションもあるよ、と言われ、よく分からないままひと通り経験したかったのでやります、と。

当日はウェアとシューズを持って行ってきました。
真っ白の壁に広いスペース。
清潔感というか、薄ら汚れた感が一切無いのは個人的に◎。


最初に現在の体重や体脂肪を測り、トレーナーから「どんな身体になりたいですか?」と質問。
お腹さえへっこめば後は何とか…とか言いつつ、まずはトリートメントと呼ばれるストレッチ。

このストレッチ、いわゆるマッサージ店で行うような感じ+スポーツっぽい要素なのですが、
えらい気持ちがいい。
個人的に薄暗いアジアンなベッドでマッサージされるのも店が用意した服に着替えるのも嫌いなので、
明るい空間で身体をギリギリと伸ばされるのがこんなに気持ちいいとは思いませんでした。


続いてトレーニングへ。
理屈としては、体重を減らす前に筋力をつける。
脂肪より筋肉のほうが重たいので、体重に変化は無いけど身体は締まるとの事。
身体の大きな筋肉を動かすことで、早く筋肉の量が増えるという事らしい。

足でおもりをガチャーン、と伸ばしたり
寝っ転がってバーベルをうりゃー、と上げたり
吊ってあるレバーをふんっ、と下げたり
ダンベルをでりゃっ、と動かしたり。
これらをおもり無しで5回、軽めのおもりで13回、ギリギリの重さで10回の1セット。

ところどころでトレーナーが「ナイスフォーム!」「きてますきてます!」「かかとにもっと感じて!」とか
言ってくるのですが、これが意外と隠れたナルシズムを引き出してくれます(笑)

ただ、ところどころ感じたのは体重のかけかた、身体の動かし方というのが
ゴルフのスイングに似てる感じ。
背筋を伸ばしてスエーしない、とか、体重移動は親指拇指球まで、とか
猫背じゃなくて腰から曲げる、とか。
実際にストレッチでも「ゴルフされてるから、肩甲骨だけは柔らかいですねー」と言われました。
※他は話にならなかったようです


約1時間半程度のトレーニングですが、
終わりがけには腕が上がらないんじゃないか…というくらいハード。 
実際に何度かバーベルを離しかけましたが、トレーナーが補助してくれるものの
諦めさせてはくれません。必ず決めた数を上げ下げします。
こういうのもメンタル強化の一部かな…とか感じたり。


ひと通りトレーニングが終わって、バイオハザードのゾンビみたく腕ダラーン状態でロビーへ。
トレーナーがすすめるプロテインをチューチュー飲みながら、落ち着いたところでトリートメントへ。


あぁ、終わって汗かいたままの身体を触られるのイヤだなー、とか思いつつ
いざベッドに寝っ転がってみると、アイシングからはじまりマッサージ、ストレッチの15分。
正直どこのマッサージよりも気持ちいい!
何ならトリートメントだけしてほしい!
そんな感じでした。


最後にお風呂で汗を流し(これも結構キレイ)、会計へ。
そのまま会員申し込みをしたものの、腕が動かずミミズが這ったような入会書になりました…。

このページのトップヘ